日本語で「ポンセット」と呼ばれるものには、大きく分けて、「poncet」式と「gee」式があるようなのですが、その違いを分かりやすく示した図を海外のサイトで見つけたので貼っておきます。




「poncet」式と「gee」式では、上部ステージの荷重を受ける方向が違うようです。

この図を見れば、緯度が45度を越える地域では、「poncet」式、それより低緯度では「gee」式の方が適性があるように見えます。
なるほど、「gee」式の作例が多いはずですね。

さて、今日のお題は「gee式の応用型」。

どのようなものかと言うと・・・・

830aef53.jpg


これ。
実は、これも酒居さんが製作されたプロトタイプを、研究用に譲り受けてきたものなのです。

通常のギー式では、荷重を受ける部分が円弧になっているのですが、この作例ではちょっと違っていて
直棒のシャフトを、ブッシュで受けています。

d1120946.jpg


そして左右のシャフトの延長が直角で交わるようになっており、(これにより極軸のフレが最小になる)


2bf2070f.jpg


南側のピボットを中心にスイングすることで、日周運動を追います。

97aa5360.jpg


工作の面倒な円弧部分を作らずに済む、画期的なアイディアですね。
ただ、これも開発中のものなので、そのままでは使えません。
現状では、シャフトとブッシュがあまりにも高精度に合わさっているので、非常に摩擦が大きく、動きが「ギシギシ! カクカク! 」となってしまっています。

これを何とかしてみようと言う感じで・・・・

遊びのないブッシュの変わりに、木の上に「置く」だけで荷重を受けてみたらどうかな?・・・・と。

270967ad.jpg


さらに、摩擦の一因となっているタンジェントも取り外し・・・・

54973f1f.jpg


このように木の上に「置くだけ」で、シャフトを受けてみると・・・・・・

9499a389.jpg


なかなかスムーズな動きになりました。
あとは、タンジェントを別のところに付け直して、さらに剛性が十分であればひょっとしたら使えるものになるかもしれません。

いろいろやってみます。