さゆさんから御紹介いただいた、小森幸正著「天体望遠鏡ガイドブック」届きました。
なかなか専門的なところにも踏み込んだ良書だと思います。
しかし、今回の核心は何と言っても「 クロフォード伯のパララックス据付法 」ですね。

本文の「 第2編 天体望遠鏡の使い方 」に、「 ii 経緯台を準赤道儀式架台とする方法 」として、それは載っていました!

0d009d5b.jpg


屈折望遠鏡への応用例ですね。

この後のページで2行くらい反射望遠鏡についての記述がありますが、鏡筒への結合部を可動式にしなければいけない旨が書いてあります。


ところで、「 クロフォード伯 」ってこの人、ジェームズ・リンゼーのことなんでしょうかね?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%BC

・・・関係ないけど、何だかすごくナイスキャラな方のような気がします(笑)