二日目の朝です。のどかな雰囲気!
こちらは、最も機材の多い駐車場の一段目。観望エリアともなっています。
フォーマルハウトさんとDJさんが談笑されています。

6d56bcc3.jpg


駐車場、2段目に上がってみます。
こちらにも機材はちらほら。

f92ab849.jpg


3段目。
じろーさんは「渋く」ここに位置されていました!

423a5a21.jpg


4段目。この辺になるとあんまり望遠鏡はないですね。

0403ab38.jpg


5段目、ここは無舗装のエリアとなります。

cf3676bc.jpg


5段目、一番上の駐車場から、ステージ方面を望みます!

4679103a.jpg


こうやって見ると車はたくさんとまってますね。

さて、ステージ方面に下りてきました。

ええと、こちら、ミザールさんのブースだったかな?
ここが一番、ジャンクらしいジャンクがたくさんあって、通るたびについつい覗いてしまいました。
小型のアリ型をたくさん買い込みました。

3ef2ae3c.jpg


その奥は「ギガオプト」さんのブース。
ホワイティの15cmが載っている台は・・・?

これはギー式のマウントですね!

387c135b.jpg


円弧部分を2台のステッピングモーターで受けています。
耐荷重100kg、98,000円、在庫残り一台、とのことでしたので、自分の50cmは十分載りますが、追尾マウントについては、結構手間をかけて開発を進めているので、今更既製品を買うわけには行きません。
何というか、「 買ったら負け 」なのだそうです(笑)。
しかし、何に負けるのかは、よくわかりません・・・・・あ、いや、自分に負けるのかな?!

さて、素晴らしい自作例もあります。
これはTさんの作品!

22f6240a.jpg


円弧の片側を模型用の小型DCモーターで駆動するもの!
やはり模型用と思われるギアで減速しています。
この手の「ギー式」を見るたびにいつも、円弧部分の制作方法が気になるのですが、Tさんの場合は特別の冶具を製作されたそうです。

一般のギャラリーの方に望遠鏡を見ていただくとき、日周運動で対象天体が視野外に出てしまうので、追尾の必要性を感じてしまうのですが、こういう素晴らしい作例を拝見すると、ますます作っておかないとなあ・・・・と思いますね。

未だに、ポンセット式、ギー式、片持ち式、などの方式で悩んでいるのですが、やはり「色物担当」(笑)の自分としては、作例の少ない片持ち式、となるんでしょうか・・・・