ミザールの、K-60Mと思われる望遠鏡が、ハードオフにて3,240円で置かれていたので、レスキューしてきました。

61d05034.jpg


確か、80~90年代にかけて、ミザールがAR赤道儀を前面に押し出していたころの商品だと思います。

当時は経緯台がほとんど顧みられてなかったので、あまり売れなかったのではないでしょうか。

339eba25.jpg


ロゴの「 MADE IN JAPAN 」がいいですね。D=60mm fl=800mm F13.3となります。

対物レンズはホコリ等の付着もなくきれいでした。レンズはコート付きのはずなんですが、ノンコートに見えます。また、鏡筒内には絞りが2枚設置され、この辺の造りは丁寧ですね。

b05440af.jpg

 8569b270.jpg


5×20mmファインダー、よく見ると取り付けが逆向きでした。
対物が単レンズなので、案の状、鏡筒内で絞ってありますね。

7bc0ebc2.jpg

 a0fcb79a.jpg


そのおかげで、色収差はあまり見えないです。まあ、月・惑星の導入にはこれで十分でしょうか。

695d107d.jpg


そして、この望遠鏡の特徴は、何といってもこの、K型経緯台ですね。
7b1f2241.jpg


実はこのK型経緯台が欲しくて、買ったみたいなものなのですが、この架台は非常に使いやすいです。
というのも、垂直・水平ともウォームによる全周微動なので、タンジェント式のように戻す必要がないんですね。
ウォーム歯数は分からないですが、体感上80枚くらいでしょうか。
けっこうはかどるので、迅速な操作が可能になります。

鏡筒が軽ければ、ハーフクランプにして、ポルタみたいに「 フリーストップ&微動 」の使い方もできますが、少し改造してカウンターウエイトでもつければ完璧でしょう。

アイピース3個と天頂プリズムがついてました。いずれも24.5mm。

a986b351.jpg



アイピースはNR20mm、NR6mmとよくわからないロゴのないやつ。
ミザールのNRシリーズは、「 NR5mm 」も持ってますが、それなりに実用性のあるアイピースでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/jzd01063/29150523.html
ところで、ミザールのNRって何でしょうね? ニュー・ラムスデンとかでしょうか? 

さて、雲越しになりますが、月が見えるようなので望遠鏡を向けてみます。NR20mm40倍。

fca67547.jpg


写真にはあまりきれいに写ってないですが、眼視ではよく見えます。F13.3だと、月の輪郭に色はつかないんですね。

NR6mm、133倍。

b6089089.jpg


これもよく写せてないですが、眼視では全く問題なく、クレーター等にすっきりとピントが合いました。
やはり日本製は違いますね。おそらく惑星もよく見えることでしょう。

K型経緯台を部品取りするべく入手したこの望遠鏡ですが、望遠鏡としての完成度が意外に高そうなので、機会があれば惑星観望用にも使ってみようかと思います。