114中野さんに見せてもらったデンクマイヤーの3Dアイピースです。

269fa78d.jpg


http://deepskybinoviewer.com/index.cfm?fuseaction=category.display&category_ID=33

このアイピースは焦点面(?)にこのようなレクチルというか偏光板みたいなのが入っていて・・・

cd370ee8.jpg


この四角の形に視差が発生して、前後に立体感を持って見えるというものです。

これで地上の風景を見せてもらいます(ご覧になって居るのは茨城のHさん。望遠鏡はもちろん、中野さんのメイン機、114EDビノ)。

b8d21c22.jpg


iPhoneのカメラで左右の像を撮ってみました。
ちょっと雰囲気が伝わりにくいんですけど、平行法でご覧ください。

37f1df75.jpg


左右の像に時間差があるために、風で枝が動いていまひとつ立体感が出てないのですが、本来の木の立体感とは別に、手前に見えたり奥に見えたりします( 実際に覗くと、これがアイピースについている四角の形にはっきりと見える )。

中野さんの話では、地上風景では不自然だけど、天体観望の時星のまばらなところで見れば、かなりの臨場感が味わえるとのこと。

・・・・・星を見られなかったのが悔やまれます!