このような形で未完成の鏡を「 お持ち帰り 」してきました。

1453857d.jpg

  21d878e6.jpg


ピッチ盤は固定用の板を作って三点で止め、

ドライヤーで温めてピッチ盤と鏡材の密着をはかります。

685824f8.jpg

 4c5ab1ff.jpg


周辺のダウンを消すために小さなストロークで1時間ほど磨きましたが、ダウン付きの偏球面から大きな変化はなし。

47956dc0.jpg

 560b5294.jpg

( 30分経過 )                         ( 1時間経過 )

ちなみに、フーコーテストは「 キング商会 」のやつでやっています。

3b567779.jpg


どうもピッチの密着が悪いみたいなので、もっと熱して、しっかりと型どりするためにトーチバーナーを買ってきました。

aedffc7b.jpg


バーナーでピッチを溶かし、溝を切るためのプラスチックの網を一緒にはさみます。

670138de.jpg

 7c8ef11e.jpg


ピッチが密着したところで、で時々横ずらしを入れながら、約3時間、磨きます。

3b7942ba.jpg

 e4e6ff86.jpg

 e9496121.jpg


小さなストロークに徹していると、周辺のダウンがだんだん減って、偏球面の中央の山が高くなって来ます。
砂目は消えてきているような気がします。

山が高くなりすぎても困るので、時々オーバーハングを入れて中央を彫り込みながら継続します。

9e720c40.jpg

 63afef00.jpg

 240f51ad.jpg


山が低くなってきたので、鏡の直系の1/4くらいの中くらいのストロークにし、球面化をはかります。

ほぼ球面になりましたので、そのまま5分ほどオーバーハングをして中央を掘り込みました。

4dbc5904.jpg

 5c517c4e.jpg



修正量が、ナイフ移動量で-2.8㎜のところを、ー4㎜くらいに掘りすぎた過修正です。
二重球面っぽい双曲面となりました
中央穴のふちをなだらかにしようかとも思いましたが、そんなことをしてますます過修正にしてもいけないので、あまり深追いせず、この辺を落としどころとします。

ちなみに、家で研磨を再スタートしてからここまで、16時間ほどかかっています(笑)。
改めて、鏡面研磨は時間がかかってたいへんだ、というのを再認識した次第でございます。

16時間の経過をアニメーションGIFにしてみました。

10f4ebf7.gif


有効径154mm、fl=1001㎜、F6.5 となっています。
最高の性能ではありませんが、とりあえず、同スペックの球面鏡よりはよく見える鏡に仕上がったんじゃないかと思います。

さて、この鏡はどういう鏡筒に入れようかな・・・・?