晴れたので、DOB6クラシック15cmF8にイーソス6mm200倍で火星を見ていました。

極冠も見えるし、本体模様もうっすら分かる。砂嵐も晴れてきたんだなあ、と思って、そう言えば北軽井沢観測所RPL25mmはF8の光学系でどのような周辺像を示すかなと思って取り付け、まずは火星を導入、48倍。

e92db5c0.jpg


・・・えっ? 小さな火星像に黒い点みたいなものが見えるんだけど・・・・・

おい、ちょ、待てよ・・・とかキムタクみたいな口調になりながら、大急ぎでバロー導入、96倍。

f3df5c26.jpg


あ、これは大シルチスや! 大シルチスがかなり濃く見えるぞ!
実は火星の観望かなり出遅れていたこともあって、今回の接近で模様をこんなにはっきり見たのは初めてなのです。

イーソス6mmとはかなり倍率も違うので一律には比較できないですが、明らかに模様の視認性がいい。
で、普通のPL25mmに差し替えて比較すると、こっちもまあまあ見えるんだけど、RPLの方が見やすいですね。
それから良像範囲が少し広いので、追尾なしの架台では使いやすい!

うーん、RPL、やっぱりコントラストが高かったんだ。これはいいものだ。

個人的にアイピースの良し悪しは、「 パッと見た時の驚きと感動 」を基準にしています。
先日の、賞月観星XWA20mmの全面ピンポイントもそうだったし、その意味では今日のRPLも大合格ですよ。

いやーこういうのを求めて星をやってますよね!