ミザールのK-60Mと思われる望遠鏡を以前ハードオフで買ってきたのですが
今日はこれのK型経緯台にアリミゾをつけて汎用型とします。

4d39cbe1.jpg



この時代の経緯台は一般的にタンジェント式の部分微動であることが多く( ビクセンのカスタム経緯台等 )、使用していて、「 あ、微動が終わったな 」という手ごたえになると、微動の巻き戻しという不毛な作業を強いられていたのですが、その点、このK型経緯台は上下、水平とも全周微動という素晴らしい構造で、クイックな操作性を提供しています!

もともと、ミザールからはこのような純正? のアリミゾ・アリガタが用意されていて

5f6eb957.jpg


もとの6cm鏡筒を外すとダイレクトで取り付けられるようになっています。  

cee47f41.jpg

 860fed7b.jpg

 9e52c381.jpg

 

あれ、ちょっと待てよ・・・・・そのまま皿ネジでつけたらネジの頭が浮いている。このままではアリガタを付けた時に微妙に当たってしまう。

ccc48ed2.jpg



あー、これ面倒くさいやつや・・・・仕方ないなあ。ということでドリルで面取りをします。
 
28465786.jpg

 08c814a1.jpg

 

ボール盤だと削りすぎるとアウトなので手で直接もって回します。このように結構削れます。

816c40cd.jpg



これで何とか納まりましたね。

GINJI150FNはどう見ても過積載(笑) 7cmクラスなら適正重量というところでしょうか。
 
61b842d7.jpg

 3999a1f1.jpg

 


実はこの改造、P.S.T.搭載を想定してのものでした。

62e4b60b.jpg


これなら、いいバランスですね!