「 スクワイア / アフィニティ ストラトキャスター 」のピックアップを、アルニコ・マグネットのピックアップに交換します。

これが、付属していたピックアップ。やはりフェライト・マグネットを使用したものでした。
フェライト・タイプではポールピースに磁力はなく、このようなバー形態のマグネットが使われています。

b17eb228.jpg


交換するのは、中国製の安価なもので、一応、アルニコ・マグネットを使用したもの。ピックガード一体式が3,300円。

57a2900b.jpg


左のが、アルニコのやつですが、ポールピース自体に磁力があるので、フェライトのようなバーはありません。
ピックガードごと、アッセンブリ―交換するかどうか少し考えましたが、右の方がボリュームポット等のグレードが高そうなので、ピックアップのみを交換することに決定。

まず、それぞれの配線をはずして・・・・

daa67542.jpg


はんだ付けして取り付け。

68585276.jpg


フロント、センター、リア、3つともアルニコになりました!

c592b869.jpg


ピックガードをボディに取り付けて完成!

0652b4b5.jpg


で、さっそく音を出すわけですが、あれ? リア・ピックアップだけ音が出ないぞ!?

再度ピックガードを外していろいろ調べていましたが、どうやら、作業の過程でピックアップの内部を断線させてしまったらしい・・・・ピックアップのコイルにはすごく細い銅線が使われているので、ちょっとした衝撃などで切れてしまうことがあるらしいですね。

アッセンブリ―交換しなかった決断が完全に裏目に出ました・・・・・

音が出ないのでは仕方ないので、泣く泣くもとのフェライト・マグネットのものに戻しました。

bee38e0e.jpg


せめて、リア・ピックアップも、少し改造しようということで・・・・
普通のストラトはフロントとセンターだけトーンが効いて、リヤは効かないという仕様になっているのですが、リヤにもトーンが効くようにしてみました。

セレクタースイッチ裏側、一番右の空きになっているところ、

b94c6429.jpg


ここを線でつなぐと・・・・

e8a18509.jpg


センター用のトーンポットで、センターとリヤのトーンを同時にコントロールすることができます。
特にハーフトーンの時には非常に便利!

さて、気を取りなおして再度取り付け。

2bbe080b.jpg


やや統一性を欠く感じになってしまいましたが、とりあえず、カスタム感だけはあります(笑)。

音ですが、アルニコに交換できた、フロント、センターは明らかに倍音が増し、音色が豊かになりました。
クリーントーンのカッティングでの歯切れよさが気持ちいいですね!

フェライトが劣るということではないと思うのですが、低コストのカテゴリーに限るとアルニコの方がパフォーマンスが高そうです。
特に安ギターをいじり倒して遊ぶ上では、こういった安価なピックアップの存在価値は大きいのではないでしょうか。

リアピックアップが懸案事項となってしまいましたが、これ一個だけディマジオあたりの高いやつ入れてみようかな・・・・・