もはや当ブログ定番ともなりつつある、システム構築ネタです。
IMG_5236
これは、以前、あっかさんから紹介していただいた、USBキャプチャADです。これでRevolution Imager R2 のアナログ(PAL方式)映像信号をパソコンに取り込むことができます。
で、そのパソコンにSharpCapをインストールしておくと、Revolution Imager R2 のCCDカメラの映像をSharpCapで画像処理できてしまう、という素晴らしい発展型のアイテムというわけです!

とは言え、オールインワン型であることが最大のメリットであるRevolution Imager R2 でこれをやるくらいなら、最初から、CMOSカメラ+SharpCap のシステムを導入したらよいわけであって・・・・・あえて言おう、本末転倒である、と(笑)

でも、もう仕方ないのです。これをやることにしたわけです。
接続はこのようになります。Revolution Imager R2のゴチャゴチャした配線を少し減らすことができます。
IMG_5238
実はこの状態に達するまでに、マイクロUSBアダプタの調達だの、キャプチャアダプタのドライバやSharpCapのインストールがうまくいかないだの、カメラ認識しないだの、などで、丸一日かかり、やっとRevolution Imager R2の操作画面をパソコン画面に写し出すことができました。
IMG_5241
とは言え、SharpCapの操作はまだ全然わかってません。なんだかこれから地獄を見そうな予感・・・・逆にその苦労も楽しむ発想でいくといいみたいですね。
(現状、唯一の情報源とも言えるSAMさんの「ほしぞloveログ」の受け売りですけど)

***

ところで、電視観望用に、AZ-GTi経緯台だとか、quad BPフィルターだとかを買おうと思ってたんですけど、いずれも品切れ状態で手に入らないんですね。両方ともすでに定番アイテムになってることと、完全に出遅れたのを思い知った次第です。