Revolution Imager R2 +SharpCap を8cm 合成fl=144mm 合成F1.8 ビクセンSP赤道儀のシステムにて運用開始します。
IMG_5263
このシステムも画角はそんなに広くないので、導入に時間がかかりますね。やはり自動導入架台を用意しないと効率が悪いです。ともあれ、目視で導入しやすいM27から。
IMG_5249
・・・お! 結構いいのではないでしょうか。SharpCap のパラメーターもよくわかってないのですが、試行錯誤でいじってみて・・・
IMG_5250
いい感じにバックグラウンドも引き締まりました。一枚画像だからザラザラしているけど、これは複数枚スタックで、かなり滑らかな画像となるはずだからな・・・・・と考えたのですが、SharpCapでスタックする方法がわかりません(笑)
いろいろ見たのですが時間ばかりが過ぎていくので、しかたなく、RIのCCDカメラのスタック機能(DNR)で4枚スタックしました。
IMG_5252
これでだいぶ滑らかになりました。
ひょっとしてSharpCapにはスタック機能はなく、CMOSカメラの機能だったりするんでしょうか・・・・いやいや、そんなことはないはずです。ともあれ、今日のところはこれで使います。

で、はくちょう座のサドル星付近に鏡筒を振ってみると・・・
IMG_5256
やりました! ついにRIでHⅡ領域を捉えました!
これだけ見えていれば明らかに検出できているので、あとは画像処理やスタックでかなり見やすい画像にできるはずなのですが、SharpCap運用初日で全然機能を理解しておらず、どうやっても上の画像以上を得ることができませんでした。

まあ、これは今後の練習次第ですかね。
取りあえず、北アメリカや網状星雲の方にも振ってみましたが、やっぱり目で見えない対象は導入できないですね。
では、入れやすいところで、二重星団。
IMG_5254
これは、どう見ても眼視のほうがいいですね。せめて星々が色とりどりに見えてくれればもっと見栄えがするのですが・・・・あと、M31。
M31
渦巻き構造やM110も見えてきました。ご意見番の妻に出てきてもらって、意見を聞いたところ「ああ、これなら面白いんやない? 」との事。とりあえず合格(笑)。

M45が昇ってきたのでそっちはどうか?
M45
・・・お! これは青い反射星雲が出てますよね! よーし、これだけ出てれば画像処理でもっと浮かび上がらせることができるぞ、と張り切った矢先に、パソコンのバッテリーが切れて終了(笑)

長女が使わなくなって数年前に置いていったタブレットを引っ張り出して使っているのですが、フル充電でバッテリーが3時間半しか持たなかったです。まあ、稼働時間の目安が判明してよかったか。ディスプレイのバックライトを最弱とかにすればもう少し持つかな?

しかし、Revolution Imager R2 とSharpCap の組み合わせは運用初日にしては十分以上の手ごたえを示してくれました。今後、SharpCapの使い方次第でかなりのパフォーマンスを発揮してくれそうです。

懸案としてはやはり天体導入に時間がかかるので、一般ギャラリーに見てもらうにあたっては自動導入架台で多種類の天体を次々と導入したいところですね。まあ、架台を導入できるまでは明るい天体を中心にSharpCapの使い方に慣れておくと。

早くAZ-GTi経緯台の在庫が回復して買えるようになって欲しいなあ・・・・