IMG_5410
小海町レポートの途中ではありますが、念願のAZ-GTi経緯台を導入しましたので、さっそく電視観望に使用しています。
IMG_5397
CMOSカメラにAZ-GTiという、電視観望では定番中の定番の機材ですね。
また、AZ-GTiの採用により、北極星の見えない我が家の2階ベランダでも自動導入・追尾が可能になりました。

天気もよいし、ASI294MC、AZ-GTi経緯台ともに初めて使うこととなります。
IMG_5398
でも、光害地なので、日が暮れた後の限界等級は2等星+αくらいですね。
しかし、これは望むところ。今後の電視観望は、自分向け・一般向けとも光害地での運用を予定しているのですから。

望遠鏡のみをベランダに残し、パソコンは室内に入れて、スマートフォンでのAZ-GTi操作を含め、「プチ・リモート天文台」(笑)が実現しています。
IMG_5412
これなら、USBケーブルの分、窓をすかすことになりますけど、冬は暖房、夏は冷房、という快適な環境で観望ができるわけです。自宅ベランダなら遠征の必要もないし、これらは電視観望の副次的なメリットとも言えますね。 いずれにせよ稼働率はうなぎのぼりに向上する見込みです!

さて、非常に明るい展望になってきたところで、まずは小手調べにM57。
IMG_5400
うん、悪くない。後はコントラスト等調整してライブスタックでSNを上げればバッチリのはず!

しかし、ここで緊急事態発生! ライブスタックで操作していると、こんなエラーが出てSharpCapが終了してしまいます。
IMG_5401
out of memory ? パソコンのスペックが低すぎるのか? この辺は素人なので良く分かりません。で、再度立ち上げ直して、でもライブスタックをしたら、止まって・・・・仕方ないので一枚画像でいろいろと見ていきます。

M27もまだまだ追いこめそうですね。
IMG_5410
NGC7293は、やっぱり淡いです。
IMG_5418

NGC253はカラーバランスに問題ありそうですね。
IMG_5413
このようにいくつかの天体を導入している最中にも、ライブスタックをリトライしては止まって・・・を繰り返していたのですが、そのうち、「データが多過ぎて処理できないから、カメラを2×2ビニングにしなさい」ってメッセージを見かけたような気がするので、不本意ながらビニングを「2」に設定するとライブスタック中に止まることはなくなりました。今でも良く分かってません。

ともあれ、これでライブスタックが可能に。
しかし、次の問題発生。

経緯台で2軸追尾した時の視野の回転がスタック時に補正されない!
IMG_5411
しかし、これは単に「Align Frames」にチェックが入ってなかっただけでした(笑)。

というわけで、何とかライブスタックが可能になったころにはオリオンも上がってましたのでM42.
IMG_5419
彩度はやや低いものの、SN比は上がってきましたね。

こうなると、馬頭や・・・・・
IMG_5423
ばら星雲も観望したくなるわけですが・・・・
IMG_5424
これら、いずれも露出時間を60秒ほどかけてやっとここまで出すことができた状態で、しかも一枚画像です。

というのも、露出時間が10秒を超えるとライブスタックがまず成功しなくなるのでよね。
だから、露出は数秒に抑えたいのですが(Samさんのマニュアルにもそうあります)、数秒程度の露出時間じゃ全然星雲が出てこないんですよね。
対物はF6.9とやや暗いからかなあ・・・・自分の環境ではやっぱり対物はやっぱり明るい方がよさそうですね。

ということで、翌日、7.6㎝F3.7システムで電視観望をおこないました。
・・・・こちらも続く!